FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
最近の記事

今までの記事はこちらから

今までの全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最近のコメント

ボヘミアンラプソディー
2018/11/12 [Mon]08:46


映画「ボヘミアンラプソディー」を観てきました。
Queenのドキュメンタリー的な映画です。

客席は、中高年が7割がたを占めていました。
私たちも夫婦50割引を使いましたが
同様な二人連れ多数。

私と同じく、若い頃からのファンなのでしょう。

映画は素晴らしく、終演後もしばらく
立ち上がれずに泣いている人も多数。
私もでした。

帰り道でも涙が出てきます。

本当にこのバンドが好きだった
強烈にいろいろな影響を受け
助けられてきた
と感慨、感動で
おかしな表現ですが
打ちのめされた感じでした。

初めて知ったこともたくさんありました。

まずは、若い頃、彼らの音楽に心酔できたこと
この映画を観られたことに
感謝です。


冬浅し亡き人の声仕草指 みゆ






スポンサーサイト

11月の南北句会
2018/11/10 [Sat]09:41


11月の南北句会の選評をいただきました。
私は今月もいまひとつでした・・・。
入選すらありません。

全体でも特選がなく、厳しい状況のようです。

元句 ●薔薇なれば蔓枯れて棘尖りけり   みゆ

添削後 ●蔓薔薇の蔓枯れて棘尖りけり

で、並選。
きれいなバラは、枯れると棘が尖ってくる、と
人を思い浮かべたりしたのですが
考え過ぎたようです。

●学校の無き日の朝や火恋し  みゆ

並選でした。
季語を変えるともっと良くなる、という指摘。

変えてみます。

●学校の無き日の朝や鳥渡る  みゆ

●学校の無き日の朝や葡萄剥く  みゆ

どうでしょうか。

他の3句は、選が付きませんでした。
精進精進。
焦らず腐らず。

来月の兼題は
マフラー、障子、返り花、狐、三時
です。

返り花(帰り花)とは、初冬に、桜・桃・梨・山吹・つつじ などが2,3輪花をつけることを言うそうです。
狐は冬の季語なのですね。
知りませんでした。

一句一歩




テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
ビジネスリーダーたちのいけばな展
2018/11/09 [Fri]13:28


ビジネスリーダーたちのいけばな展
器と花-器との出会い-
に行ってきました。

素敵でした!

組織で責任ある立場にいるかたがたが
思いや経営理念を器と花に託しています。







写真OKということで撮らせていただきました。

秋は芸術の季節です。
このところ、夫の展覧会、桃園句会、
そして今回の器と花展と、続いています。

歌といふ題で生けられ葉鶏頭   みゆ

一句一歩




テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

紅葉のキャンパス
2018/11/08 [Thu]15:42

勤務先の大学では
銀杏や蔦が、美しく黄葉、紅葉しています。






蔦もみじ這う白壁に背あずけ みゆ


一句一歩






テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

つれづれ  |  TB:-- CM:0 |  編集
桃園句会⇒主催選評
2018/11/06 [Tue]17:20


先日参加した桃園句会の俳句の
桃子主宰選評をいただきました。

参加の皆さんから、最も多くコメントいただいた句は・・・

元句  : 秋富士を指して震えし母の指

添削後:  秋富士を指しては震へ母の指

直していただいて、入選です。

美術展での景を即吟した句は・・・

元句  : 美術展鏡花の俳句に蟹描かれ

添削後:  秋深し鏡花の句には蟹描かれ

たどたどしい感じ、唐突感がなくなりました。
これで入選です。

我が家の大豊作の柿を詠んだ句は・・・

元句  : 柿生れば生るまま平成果てにけり

添削後:  柿生りしままに平成果てにけり

すっきり、格調高くなりました。
これで入選。

コーヒーの紙コップ熱しいわし雲
こちらは入選。

風吹けば背高きが揺れ黄秋桜
こちらは並選。

桃子先生からは、
寒くなる前に、外を歩いて吟行しましょう
というメッセージが添えられていました。
本当にそうです。
五感で、秋を感じたいものです。

そして、なんと、こんな葉書が同封されていました。



送ってくださった浅黄さんが、作ってくださったのでしょうか。
うれしいです。
これからお礼状を書きます。

一句一歩

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
桃園句会 @桃園会館
2018/11/03 [Sat]21:14

本当に久しぶりに、桃園句会に参加しました。
初めて句会というスタイルに触れた、思い出の句会です。
25年くらい前に、縁あって参加しました。

その後、ご無沙汰し、今回の参加は15年ぶりくらい。
おぼえていてくださった浅黄さん、いつかさんが
「娘さんが小さい時、連れてきてくれましたね」
「お母さんも、ごいっしょに来てくれましたね」
と、温かい声を掛けてくださいました。
嬉しかった。

今日も、素敵な句がたくさん出句され、楽しく過ごしました。

私の出句で、皆さんからコメントいただいたのは、こちら。

秋富士を指して震えし母の指   みゆ

数日前に静岡に帰った時の景です。
しっかりしていた母ですが、老いてきました。
詠んでしみじみ、そして共感いただいて感動です。

句会は楽しいです。
いただいたご縁を大事にします。

一句一歩



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
展覧会
2018/11/03 [Sat]20:52


今日は、夫が出品した絵の展覧会に行ってきました。

夫の作品は、毎年行っている、
勝沼ぶどうの丘を描いたものです。



ワイン色の影が付いています。


別の方の作品で、泉鏡花の俳句に
絵を重ねたものがありました。

蟹の目の巖間に窪み極暑かな  泉鏡花

素敵でした。
展覧会の後に参加した桃園句会で
早速、この作品をネタに。

美術展鏡花の俳句に蟹描かれ   みゆ


一句一歩





テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

富士山
2018/10/29 [Mon]20:29


静岡の実家に日帰りで行ってきました。

行きの新幹線では、

右手に富士山が見えます

と、日本語、英語でアナウンスが。

思わず写真を撮りました。




小さい頃から親しんできた富士山。
何度見ても美しく気高いです。
冠雪の姿も、ますます綺麗です。


母の指ゆるゆる秋の富士を指し


一句一歩



俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集

プロフィール

みゆ

Author:みゆ
辻桃子主宰の「童子吟社」に所属して、俳句を詠んでいます。
このサイトでは、主に俳句を、ときどき研究や仕事を話題にしています。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

足あと

俳句・短歌

人気ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Counter

育児ブログランキング

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】