05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
最近の記事

今までの記事はこちらから

今までの全ての記事を表示

全ての記事を表示する

最近のコメント

童子6月号
2017/06/28 [Wed]18:30

童子6月号が配達されました。

珠玉童子に、南北句会の安藤ちさとさん登場です。
しかも2句。
どちらも素敵ですが、
私は特に二句目が好きです。

笑まひたるままに沈むや流し雛   安藤ちさとさん

哀しく美しい景です。

岡本眸の
伏すは嘆き仰ぐは怨み流し雛
を思い出しました。

私の句は、いつもの雪童子の欄にありました。

   春の夜の話
          銀河みゆ

まよひしと運転席より春の宵

髪上げて頬美しき卒業子

うつむきてキネマ観に行く春疾風

春の夜の話のあると言ふ人と

りぼん解き我が名見つけて春の夜


自分も博士課程を卒業し
また、教え子たちも卒業したころの句です。

あれからもう、3ケ月。



スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
蓋に彫られし
2017/06/28 [Wed]16:11

久々のブログ更新です。

6月の南北句会で、特選をいただきました!!

まずは、直しなしでどどーんと、

●四十雀しばらく鳴きてまぶた閉づ   みゆ

そして、大きく直されての特選句、

●香水や蓋に彫られし薔薇三つ   みゆ

元句は

●薔薇三つ蓋に彫られし香水や

直していただくと断然いいです。
なぜに作句のときに気づかないのか、
ほんと不思議。

●まくなぎの拡大写真見てしまふ

これは並選。
まくなぎはめまとひともいう、夏の小さな虫です。
今月の兼題でした。
ネットで検索したら、拡大写真が出てきてしまって
うわわ、とのけぞりました。
元気副主宰からは、
変な句でおかしいが、特殊過ぎて共感できない
と。
ほんと、そうですよね。

●茂み揺れ揺れのあたりを犬の見て
この句は、次のように直していただいて、並選。

●茂み揺れ揺れるあたりを犬が見て

●お待たせと戻りし人の香水や
この句は、次のように直していただいて、
そして、選なし(涙)

●香水やお待たせと人戻り来る

今月も楽しかったです。
来月の兼題は
扇(扇子),蠅,夏草,夏座敷,豆腐

来月の南北句会は、もう夏本番です。




テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
就活用語
2017/04/24 [Mon]19:02

いちご娘は、就職活動真っ最中。

毎日、ESといわれるエントリーシート
(履歴書)を書いたり
企業説明会に行ったり
OB訪問したり
忙しそうです。

就活生の間で使われる
いろいろな「就活用語」が
うちでも飛び交っています。

がくちか

最初に聞いたときは、何に近いんだ?
と思いました。

「学生時代に力を入れたこと」
の略です。
ESでお馴染みの項目です。

使い方:「わー、がくちか800字だって! 長っ」

おんしゃ

応募先企業のこと。

使い方:「今のところ、○○社が、第一おんしゃなんだよね」

学生にとっては、御社という言葉が
新鮮で、通常の使い方をしているうちに
意味が進化したのかもしれません。

専門用語が生まれるくらい
学生が一所懸命取り組んでいる
就活。

大変だけど、いろいろな経験をして
自分のことがわかったり
社会の仕組みに気づいたり
成長しているようです。


かばん置きだめかもと言ふ春の夜   みゆ


一句一歩


テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

つれづれ  |  TB:-- CM:0 |  編集
ミュシャ展
2017/04/23 [Sun]17:35



国立新美術館の
アルフォンソ・ミュシャ展。
撮影可能エリアがありました!

スラブ叙事詩の大迫力に
圧倒されました。
ミュシャといえば
女性のポスター画等の印象が
強かったので、余計に。

五十代からの16年間で
壁画サイズの作品を
20編も仕上げたエネルギーに
脱帽。

背景にある
民族や平和への思いに
心動かされました。


春夕べ自画像あつさり描かれたる   みゆ


一句一歩


贅沢
2017/04/18 [Tue]08:52




東京ステーションホテルの
フレンチで会食。

贅沢で、たのしい時間でした!

お料理は、美しく、繊細な味わい。



お世話になったかたに
お礼の品を。



生きていると、たまに
こんな素敵な夜もあります。


三人にかしづかれたる春の宵   みゆ


一句一歩


俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
ピアノ
2017/04/17 [Mon]07:47


我が家に、新しいピアノが
やって来ました!



わっせわっせ



わっせわっせ



ジャーン



半世紀以上、ピアノとともに
毎日を過ごしている夫、
人生の幸福度高騰中です。


鍵盤に指乗せてをる春の朝   みゆ


一句一歩


俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
もの入れず 南北句会
2017/04/12 [Wed]23:13

四月の南北句会、

特選(直し無し)をいただきました。

かっこ内がけっこう大事。

●春服のポケットなればもの入れず   みゆ


嬉しいです!

メンバーからは不人気でしたが
桃子主宰のいきなりの特選。

他のメンバーの句でも
ときどきこういうことがあります。

一句一歩


テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集
夜の花にら
2017/04/05 [Wed]23:23

花にらが美しいです。
夜、帰ってきたら
家の前が輝いていました。



2週間前は、こんな感じ。
http://samba1.blog.fc2.com/blog-entry-696.html?sp

新しく別の大学でも
非常勤で教えることになり
今日は、初出勤でした。
来週、初講義。

緊張するけど楽しみです。


ロッカーの小さき鍵に春日かな   みゆ


一句一歩



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

俳句  |  TB:-- CM:0 |  編集

プロフィール

みゆ

Author:みゆ
辻桃子主宰の「童子吟社」に所属して、俳句を詠んでいます。
このサイトでは、主に俳句を、ときどき研究や仕事を話題にしています。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

足あと

俳句・短歌

人気ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Counter

育児ブログランキング

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】